Mokei Labo

模型・プラモデル造るマン。浮かせたり電飾…ガンプラ、カーモデル、戦闘機いろいろ作るよ。

RG νガンダム 面出しとエッジ出しで製作してみた【改修・完成】

f:id:H-masatoshi:20190930145024j:plain

面出しだけでもイイ感じ

 今風なスタイルで全くいじらなくてもカッコイイRGνガンダムが手に入ったので、プロポーション調整やスジボリ追加などはせずに、ひたすら面とエッジ出しに集中してヤスヤスヤスリきって仕上げてみました。

f:id:H-masatoshi:20190930144748j:plain

f:id:H-masatoshi:20190930144836j:plain

配色・塗装

ペーパーヤスリ#320→#600まで処理したあとTipo G. プライマーサーフェイサー。上記カラーで塗装し、仕上げにクレオス スーパークリアー つや消し + フラットベース「なめらか・スムース」を吹いて終わり。

f:id:H-masatoshi:20190930144831j:plain

面出しツール

人指し指ほどの全長の5mm厚アルミ板に3Mのフッキット#600を貼りヤスリがけ。

フッキットは裏面にマジックテープがついていて、スジボリ堂のマジックヤスリと似ていますが、そのままでは柔らかく面出しに適さないのでマジックテープを剥がす必要があります。

剥がし方はフッキットをラッカーうすめ液に数十秒浸し、縁からピンセットでペリペリ剥がせば簡単に除去可能です。

アルミ板への貼り付けには寺岡製作所製の極薄の0.01mm両面テープを用ます。非常に薄いためテープ厚みの微妙な弾力の影響を受けにくくなります。(個人談)

f:id:H-masatoshi:20190930144816j:plain

頭部はシャープな表現に

 耳周りのダクトをペーパーヤスリで薄く加工。先に筋彫を深く彫り直しておけば消えにくくなります。奥まった場所などは小さく切り出したダイモテープにペーパーヤスリを貼って面出し。

アンテナは正面からのヤスリは難しいので、裏側からヤスって若干シャープ化。おでこの五角形はピンセットでつまみ、これもダイモテープヤスリで面出し。いずれも#600程度の番手。

f:id:H-masatoshi:20190930145403j:plain

スミ入れはエナメル スモーク

 タミヤ エナメルのスモークを使用。マシーネンクリーガーの横山先生に教えてもらい使ってみました。

もともとスジボリは光があまり当たらない場所であって、黒色をしているわけではない……どんな色が丁度いいのか悩んでいましたが、このスモークはイメージぴったりでした。半透明塗料なため、バックの色を透かし濃く出すぎないのがいい感じ。

f:id:H-masatoshi:20190930151154j:plain

 装甲裏と縁を黒塗り

昔からあるのか知りませんが、matさんやシュンさんの作品を真似してやってます。プラの一律な分厚さを消すことができ、全身に施すと一気にシャープさが上がる感じ。
エナメルの濃いグレーを装甲裏からエアブラシで塗装。マスキングは無しで適当に…はみ出たら拭き取る。食いつき悪いからコート必須。

f:id:H-masatoshi:20190930193729j:plain

最後

前作、RGバンシィ(ユニコーン)では細部を面出ししなかったら、完成後に残念な見栄えとなってしまった(主に顔まわり)。その反省から今回は見える範囲のパーツはすべて面出しし、できる限り丁寧に製作してみましたが…面出しはちゃんと結果に出るようです。よかった。

f:id:H-masatoshi:20190930144821j:plain